整理収納

整理収納アドバイザーが教えるモノ活達人

プロフィール

モノ活達人!

高木 将(たかき まさる)

 

・整理収納アドバイザー1級
・整理収納アドバイザー2級認定講師

 

 

 

○私は高木と申します○

 

こんにちは。整理収納アドバイザーの高木です。
「たか【ぎ】」ではなく、「たか【き】」です!!!

 

【高木】と書くとみなさん、「たかぎ」と呼んでいただくのですが、正しくは「たかき」なんですよね。

【高木】の濁点ですら整理収納してしまったので

「たかぎ」ではなく「たかき」になったと覚えてください(笑)

 

 

 

 

○整理収納アドバイザーになったきっかけ○

 

・・・とそれはさておき、私が整理収納アドバイザーになったきっかけは、実は

母が片付けられない人だったからなんです。

 

私が子供の頃、母親が実家の1階部分を使って駄菓子屋をしていたんです。

今ではお店だった1階は文房具やノートがそのままで完全に放置状態・・・。

 

いくら私が家の片付けをしようと話しても片付けない・・・

 

「そのうちやるから~」っていつやるねん!!って思う日々です。

 

 

これは私がどうにかせねば!

 

と思い立って、まずは自分自身が片付け方を学ぼうと思い整理収納アドバイザー2級の講座を受講したのです。

 

するとこの講座が思いのほか面白く、受講と同時に整理収納アドバイザーの講師になろうと決意しました。

 

 

何がきっかけになるかは分からないものですね。

 

 

その後、日本語教師の仕事をしながら(本業は日本語教師なんです)、整理収納アドバイザー1級の資格を取得した訳です。

 

 

 

 

○モノ活達人としての展望○

 

スキルアップにと色んな場所に足を運んでいる中で、

アジアチャイルドサポートセンターの池間哲郎さんの講演会を聴きに行く機会がありました。

 

その講演会で厳しい環境の中、懸命に生きる子供たちの実態を目の当たりにしたんです。

 

 

何か彼らの役に立つことができないかな・・・

 

いや

 

役に立ちたいな!

 

と考えるようになりました。

 

 

私たちににとって「不必要なモノ」でも、海外では「必要としている」人たちがいるんですよね!

 

そんな人たちにモノを届ける活動!

 

これが私の目指す整理収納アドバイザーのあり方です。

 

 

 

私が行う整理収納アドバイザーの講座では、

整理とは「不必要なモノを取り除くこと」とお伝えしています。

 

整理収納は自分のためだけではなく、

それが人を、もしかしたら、海を飛び越えたところに生きる見知らぬ人までも助けることになる可能性があるのです。

 

あなたも「あなたにとって不必要なモノ」を整理収納して、

「誰かにとって必要なモノ」にしていきませんか?

 

 

 

 

 

簡単な経歴

 

2014.02.01 整理収納アドバイザー2級取得

2015.10.15 整理収納アドバイザー1級取得

2016.08.23 整理収納アドバイザー2級認定講師取得

 

高校1年生の時に、韓国人の友達ができたことがきっかけで韓国に目覚め、大学で韓国語を専攻。
学生時代は交換留学生として、韓国外国語大学の語学堂で1年間留学生活を送る。

 

大学を卒業してホテルに就職。
ホテルの顔であるフロント勤務に携わり、その後、日本語教師になるためにホテルを退社。

 

日本語教師の資格を取得後、韓国に渡り1年間日本語を教える。
帰国後、現在では大阪にある日本語学校で教鞭をとっている。

 

外国人に日本語を教える傍ら、「整理収納アドバイザー2級認定講師」の資格を取り、「モノ活達人(モノ活用の達人)」としても活動中!
「日本で不必要なモノ」を「世界で必要としている」方に届ける活動をしています。