整理収納

整理収納アドバイザーが教えるモノ活達人

モノ活の基本は寄付から

母親の趣味でやっていた1階部分のお店を撤去したときの話です。

 

私が整理収納アドバイザーになるきっかけになったお店のことですが、

それはプロフィールの方で詳しく書いているのでそちらをご覧になってくださいね。

 

 



 

○使えるモノと使えないモノ○

 

まずは、お店の残骸を業者に頼んで引き取ってもらいました。

 

使えないモノを残しておいても仕方がないので、

そこはしっかりと引き取ってもらいます。

 

 

そして、残物の中でも使えそうなものに関しては、しっかりとまとめます。

 


 

 

 

私にとってはもう使わないようなモノですが、

まだまだ使えますので、こういったものを世界で必要としている人たちに寄付しました。

 

 

「日本で不要なモノ」を「世界で必要としている方」へ届ける!!

 

 

モノ活達人の仕事の一環ですね。

 

 

 

 

 

○何でもかんでも寄付は迷惑○

 

寄付というと何でもかんでも寄付してしまえと思う方もいるのですが、

それは完全に間違いです。

 

 

単純に考えてください。

 

 

ガタクタが欲しい人がいると思いますか??

 

 

 

 

要らないですよね(笑)

 

 

でも、

モノ活は、「不要なモノ」を「モノを必要としている方」に寄付する活動ですよね。

 

 

そうです。

 

あくまでも「必要としているモノ」でないと意味が無いんですよね。

 

 

なので、

まだ利用はできるけれども、

あなたにとっては不要なモノを寄付するのがモノ活になります。

 

 

モノ活達人への近道は、その見極めですからね!

 

タグ :   

整理収納 実践編

この記事に関連する記事一覧

◎セミナーのお知らせ◎

◎2級認定講座◎


開催未定。日時が決まり次第掲載致します。